ホーム

ブログ村

ランキング

全記事一覧


【回胴歴史秘話】パチスロの語源! 始祖・パチスロパルサーとは?【ぱち馬鹿っ!!】

【回胴歴史秘話】パチスロの語源! 始祖・パチスロパルサーとは?【ぱち馬鹿っ!!】



当時のスロットマシンは、海外のカジノにあるような巨大なアップライト型筺体。右側から突き出た長いスタートレバーを操作するための長さや奥行き、幅など、設置するには相応のスペースが必要でした。

そして、市場の拡大を阻んだ最大の要因が、その価格。本体のみで70万円、専用の置き台などのオプションを加えると100万から120万円と、非常に高価だったのです。

「このままでは、スロットマシンの普及は実現しない。パチンコのシマにそのまますっぽり収まるようコンパクトにして値段も安くしないと、スロットマシンの未来は無い──」

そんな風に危機感を抱いていた一派が改革に着手。そして1980年、近代パチスロの礎となった革命的マシンが登場します。

その名は、「パチスロパルサー」。現在の岡崎産業の前身である尚球社が製造、現在のネットの前身にあたる日活興業が販売した、史上初の箱型式スロットマシンです。
今回はこちらのご紹介!
関連記事

他ブログおすすめ記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

     

ホーム > [パチスロ動画]ぱち馬鹿っ!! > 【回胴歴史秘話】パチスロの語源! 始祖・パチスロパルサーとは?【ぱち馬鹿っ!!】

スポンサーリンク

パチスロ動画・カテゴリ

検索フォーム